ソープランドの遊び方|日本全国ソープの「アナ場」はここだ!楽しい遊びを指南します

ソープランドの遊び方

振り返る女性

関東には、花の大東京の台東区に位置する「吉原」や、多摩川を越えた先にある神奈川県川崎市の「堀之内」といったソープ街があります。
関東圏は交通網がとにかく発達していますから、この世の天国を味わわせてくれる高級ソープランドを、気軽に訪れることができるでしょう。とはいえ、たとえば東北地方から吉原や堀之内のソープ街へ気軽に行く……というわけにはいきません。新幹線代もバカにならないし、特に「吉原」などは子どもが迷い込まないようにわざと入り組んだ道の奥にあったりして、なかなかたどり着くことができなくて歯がゆい思いをしたりすることがあるでしょう。
というわけで、東北にいらっしゃるなら東北のソープ街を利用することを、オススメします。東北のソープ街、それは宮城県の仙台市にある「国分町」というエリアです。このエリアには、吉原や堀之内に勝るとも劣らない、高級ソープランドが建ち並んでいるのです……が、そもそも高級ソープランドで遊ぶのも初めてだという人にとっては、距離的には気軽にイケても心理的にはまごつくこともあるかもしれません。

というわけで、「仙台市の高級ソープで遊ぶときにこれだけは心得とけ!」という情報を、ここでは紹介しましょう。
それは、「入浴料とサービス料」のことです。
仙台市の高級ソープランドでは、昔ながらの料金計算をしているお店が多く、たとえばHPには「入浴料10,000円」だけ載せている、というところが少なくないのです。最近では入浴料+サービス料の総額料金を載せているお店もありますが、高級店ほど、昔ながらの表記を守っているようです。
そう、仙台市の高級ソープランドでは、入浴料10,000円だけでは遊ぶことができません。そのうえに、たとえば「サービス料20,000円」を上乗せして初めて遊べるのです。というわけで、お店に行くときには最初に電話などをして「サービス料はいくらですか」と聞いておいて(丁寧に教えてくれると思います)、用意して行くようにしましょう。